アルゼンチンのバリローチェで洗濯をする。

今、俺はアルゼンチンのバリローチェというところにいます。パタゴニアの北の玄関口でトロナドールという山がここらへんで1番標高が高く(3400m)、三つの山頂は冒険家モレノ(ペリトモレノの人)がアルゼンチンとチリの境界線を決めたそうです。
f:id:clokawa:20130527080225j:plain
ナウエル・ウアピ国立公園に行ってきました。夏と冬のハイシーズンを避けたため、人出は少なかったです。ハイシーズンには人だらけになるので、いい時期に見れたと思います。今は秋なので、日本人の大好きな紅葉が楽しめました。
f:id:clokawa:20130527080456j:plain
黒氷河という火山灰が混ざった氷河を見に行きました。
f:id:clokawa:20130527080513j:plain
ガイドさんが木が寄生植物から身を守るための仕組みを説明してくれます。
f:id:clokawa:20130527083332j:plain
公園内で食べたエンパナーダは肉汁が滴り落ちるくらいジューシーで、バスターミナルで売られているものとは別物でした。
また、やたらでかくて硬いバナナを食べていたら、ガイドさんがそのバナナは調理用で、揚げるんだよと教えてくれました。道理で硬いと思った。あとは緑の小ぶりなバナナも調理用みたいです。人差し指サイズのバナナもあって、それはそのままでめっちゃうまいらしい。探してきます。

今日はドミンゴ(日曜日)なので、店とか旅行社は閉店しています。
今日は一日をのんびり過ごしました。

・ブラジル人の友達を見送る。
・洗濯をする。
・ショッピング、闇両替探し。
・晩御飯の調理

以上の流れでした。
今日は特に旅行中の洗濯について、説明します。

洗濯

旅行中に溜まった洗濯物は結構バカになりません。4-5日分をまとめてランドリーすると、¥1000以上行きます。なぜかというと水が貴重だからだと思います。
そこで、もったいないので自分で洗濯をしました。
使用物品は以下の通り
・スクラバのランドリーバッグ
f:id:clokawa:20130527080630j:plain
・板石鹸(現地調達)

1.ランドリーバッグに洗濯物を入れます。
f:id:clokawa:20130527080608j:plain

2.ランドリーバッグに水を適量注ぎます。

3.ランドリーバッグの中のデコボコで板石鹸を削ります。
f:id:clokawa:20130527080709j:plain
f:id:clokawa:20130527080733j:plain

4.ランドリーバッグのフタを何重にも巻いて閉めます。
f:id:clokawa:20130527080757j:plain

5.排気口から中の空気を抜きます。
f:id:clokawa:20130527083519j:plain
6.こねます。だいたい5分くらいです。
f:id:clokawa:20130527080938j:plain
7.排水します。

8.すすぎをします。水だけを適量入れます。

9.こねます。3分くらいです。

10.排水して、洗濯物を軽く絞ります。

11.バスタオルの上に洗濯物を海苔巻きのように乗せて巻きます。
f:id:clokawa:20130527081003j:plain
12.その状態でバスタオルを絞ります。
f:id:clokawa:20130527081027j:plain
f:id:clokawa:20130527081046j:plain

13.干します。乾燥した部屋で、最低一日はかかります。
f:id:clokawa:20130527081103j:plain

以上のような流れです。
今日は2日分の下着とジーンズ一着とフリースジャケットを4回に分けて洗濯をしました。
総計1:30くらいはかかりました。腕がパンパンです。

めんどくさいですけど、こまめにやることで、月¥7000は節約できます。 
ランドリーバッグがあるので、少ない水でも洗濯とすすぎができます。
自分の腕だけで絞ると衣服がボロボロになるので、バスタオルで吸水して、脱水効果をあげています。良かったら参考にしてください。