90日間引きこもった。

10月にメデジンからカリに戻ってきてから、1.5ヶ月ほど引きこもった。引きこもりと言っても、自分でご飯作ったり、近所のレストランでご飯食べたりとかはやっていたのですが、特に遠出したり、イベントに行ったり
することもせずに大人しく晴耕雨読してました。まあ、耕したのはインターネットですけど。
まあ、そんなダラダラと生産性のない生活を続けてたんですけど、不思議とこのままじゃヤバいから何とかしなきゃ、みたいな焦りは全く無かった。
自炊も結構して楽しかったし、ギョウザを小麦粉で生皮から作ったらめっちゃおいしくてハマってたし。まあ、人付き合いはほとんどしませんでしたので、引きこもってたという感じが適当かと思います。

今回の引きこもりには後付けだけど意味があった。車を発信する前にボンネット開けて、オイルみたり、タイヤの空気圧確認したり、下に猫や子供が隠れてないかみたり、ただダラダラしてただけなんだけど、精神のメンテを行ってた。これを無理すると、後で尾を引くからほっといた。もう30年近く生きてると、パンを寝かすような精神の安定のさせ方が身についてきた。ただコネてただけの若い頃が懐かしい。

今はいいサイクルを回せてる。習慣づかなかったスペイン語や将棋の練習も習慣になってるし、明日やることを今日のうちに確認している。いいサイクルを回すにはいいメンテナンスが大事で、無理にペダルをふんじばってガチガチにやることじゃない。全力で楽しむ、それがだんだんできるようになってきたんじゃないかな。

まあ、いい年したオッサンだからね。(^_-)